メスを使わない二重整形 [美容整形]

二重整形は美容整形の中でも特に人気があります。


この二重整形にはメスを使用する切開法と、

プチ整形の埋没法があります。


二重整形の中で最も一般的である埋没法は、

メスを使わずに二重まぶたにする画期的な方法です。


髪の毛よりも細い専用の特殊なナイロン糸を

まぶた下に埋め込んで二重のラインをつくります。


全切開&目頭切開のように直接メスで切らないので、術後の傷跡も残りませんし、

腫れも少ないので手軽に二重整形ができます。


また、手術時間も約15分程度の短いものです。


この方法を使うと生まれつきのような自然な感じの二重まぶたができるので、

いかにも二重のラインをつくった、という不自然さがありません。


プチ整形は失敗しても元に戻すことができるので、

特に初めての二重整形の場合は

埋没法から奨められることが多いようです。


切開法は、目尻の皮膚をカットし、上まぶた、

下まぶたそれぞれテンションをかけながら縫合します。


目の横幅を広げてキレ長の目にするだけでなく、

目尻の位置が変えられるので、

垂れ目やツリ目を治したい場合にも用いられる施術法です。


こちらもごく自然な仕上がりなので、

もっと効果を上げるために

目頭切開法や二重術を併せて二重整形を受ける人もいます。