心血管疾患の発症が2・5倍の"メタボリック症候群" [メタボリック症候群]


今回は、生活習慣病の中でも最近特に注目されている

メタボリック症候群について書いてみました。


メタボリック症候群とは、内臓脂肪型肥満によって

さまざまな病気が引き起こされやすくなった生活習慣病のことです。


このメタボリック症候群という生活習慣病は、

皮下脂肪による肥満ではなく、

内臓脂肪型肥満が発症の大きな原因の一つになります。


肥満症や高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病は、

それぞれが独立した別の病気ではなく、

内臓やそのまわりに脂肪が蓄積した肥満が原因になっています。


メタボリック症候群と診断される人は、

40歳以上の男性で、4人に1人が該当することが分かっています。


脂肪の多い食事と運動不足という毎日の生活パターンが、

メタボリック症候群の発症に大きく関与しているとされています。


また、メタボリック症候群の人は、そうでない人に比べ、

脳卒中や心筋梗塞などの心血管疾患の発症が

2・5倍も高いことも分かっています。


メタボリック症候群の治療法は、

まず内臓肥満をなくすことが先決です。

そのためには運動療法と食事療法が必要です。


中でも特に運動することによって、

内臓脂肪が減小することが分かっています。


メタボリック症候群は生活習慣に密接に関係しているので、

発症するまでのライフスタイルを見直して、

更なる症状の連鎖を断ち切ることが大切です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。